生理痛と鎮静剤

生理痛と鎮静剤

女性を悩ます生理痛…。知識を身につけ、少しでも生理痛を改善しましょう☆
★女性の悩みを解決★
イライラ、無気力、頭痛…など、それって生理前症候群かも!?
生理日予測のお知らせメール、性病チェック、危険日の管理など、役立つ機能が満載☆
生理・性病・健康
女性の悩み解決


病院へ行くほどでもない、でも痛みがおさまならい、そんな方は市販の鎮痛剤の服用でも改善をすることができます。
ここでひとつ注意をしたいのが、生理痛で鎮痛剤を服用する場合、みなさんはどのタイミングで服用していますか。
大半の方が、「痛みの症状が現れてから」の服用をしているのではないでしょうか。

生理痛の痛みの原因は、体内の女性ホルモンによる作用が大きいのですが、これらのホルモンの分泌は痛みが発生する前から分泌されています。
鎮痛剤の種類にもよるのですが、鎮痛剤のおおくはこのホルモンの作用や分泌を抑える効果がおおく、すでに分泌・産生されてしまい、痛みの原因物質が過剰に合成されてしまってからでは鎮痛剤の効果も薄くなります。

生理痛に悩んでいる女性の多くは自分の生理の周期はもちろんのこと、自分の痛みの発生するパターンを把握されているかと思います。
たとえば、生理がはじまってから2日目に頭痛がひどくなる、とか3日目に下腹部の痛みが重くなる、というパターンです。
このパターンをまずは自分で把握して、その痛みがくる前に鎮痛剤を服用するのが最も効果的だといえます。

痛みが起こる前、自覚症状がないのに薬を服用するということに抵抗を感じる方も多いでしょうが、痛みそのものが発生するまえに原因物質の産生を抑える意味でも大変有効といえます。
また、痛みの元となるホルモンは動物性の脂肪酸を多く摂取することで、分泌が多くなるといわれています。

原因物質であるホルモンの産生を抑えるためには、鎮痛剤での阻害も有効ですが、生理中の食生活にも気を配ることで過剰な産生をコントロールすることができ、痛みを緩和することが可能です。
まずは自分の生理周期と、生理痛のパターン内容を自分で把握して、生理痛への対策を考えてコントロールしていくことが大切だといえます。

★女性の悩みを解決★
イライラ、無気力、頭痛…など、それって生理前症候群かも!?
生理日予測のお知らせメール、性病チェック、危険日の管理など、役立つ機能が満載☆
生理・性病・健康
女性の悩み解決


生理痛の症状改善ガイドTOP
●生理痛について
生理とは 生理痛とは 生理痛の原因 生理痛を引起す物質 生理痛の症状を把握しよう 子宮内膜症
●生理痛の種類
機能性月経困難症 器質性月経困難症
●生理の周期
卵胞期 黄体期 月経期
●生理痛に効くツボ
生理痛に効く足のツボ 生理痛に効くお腹のツボ
●生理痛の改善のために
生理中はお風呂でリラックス 生理痛と頭痛 生理痛の食生活 ピルと生理痛 生理痛と鎮静剤
●生理痛と漢方
漢方でいう生理痛の痛み 冷えの生理痛 ストレスの生理痛 過労の生理痛

(c)生理痛の症状改善ガイド
AX