子宮内膜症

子宮内膜症

女性を悩ます生理痛…。知識を身につけ、少しでも生理痛を改善しましょう☆
★女性の悩みを解決★
イライラ、無気力、頭痛…など、それって生理前症候群かも!?
生理日予測のお知らせメール、性病チェック、危険日の管理など、役立つ機能が満載☆
生理・性病・健康
女性の悩み解決


強い痛みをともなう生理痛や出血などで考えられる病気について考えていきましょう。
通常の体内機能上の生理痛とは異なり、病的要因を含む生理痛、すなわち器質性月経困難症の主な要因のなかに子宮内膜症があります。
器質性月経困難症の人のうちの多くが、この子宮内膜症を有しているといっても過言ではないほど多い病気のひとつです。
ではこの子宮内膜症とはいったいどのような病気なのでしょうか。

子宮内膜症は、その原因についてはまだ明らかになっていない部分の多い病気のひとつですが、子宮の内腔以外に子宮内膜を形成してしまう病気のことです。
一定周期で体内に排卵がおこることによっておこる生理は、排卵後に分泌されるホルモン・エストロゲンによって子宮の内腔に内膜を作ります。
このホルモンの影響により、子宮内腔の内膜は徐々に厚くなっていき、妊娠してもいいように子宮の状態を整えていくわけです。

このとき、子宮内腔に形成されるはずの内膜が、子宮内腔以外にも形成されてしまう病気が子宮内膜症です。
その後、妊娠が成立しなければ、子宮の内膜ははがれ落ちて出血し体外へ排出されるわけですが、子宮内膜症を患っている場合はこれが子宮内腔とは違う部分でおこることになります。
当然その場所でも生理のたびに内膜の剥離と出血をくりかえすわけですから、その部分は内出血をおこして痛みを感じるということです。

強い生理痛や下腹部の痛み・腰痛・排卵痛・排便時痛などその内膜のできてしまう部分によって痛みの種類は変化するものの、その症状はどれも強い痛みをともなうもので自覚症状としてあらわれます。
また、出血する血液の量も通常と比べて多くなり、生理のたびに出血を繰り返すことによってその部位で炎症を起こしたり組織間の癒着をおこすこともあります。
そのため、生理の期間中はもちろん、生理の期間以外にも強い痛みを発症することがあります。
生理痛が酷いにも関わらず、我慢してしまう女性の方も多く、自分が子宮内膜症を患っていることに気がつかない人も多いのです。

この子宮内膜症を気がつかず放置していると、不妊症や他の病気の原因にもなると考えられています。
産婦人科での薬の処方や手術によって治療が可能で、妊娠することによって改善することもあるそうので、重い生理痛や酷い出血に悩んでいる女性は一度産婦人科への受診を行って相談されることをお勧めします。

★女性の悩みを解決★
イライラ、無気力、頭痛…など、それって生理前症候群かも!?
生理日予測のお知らせメール、性病チェック、危険日の管理など、役立つ機能が満載☆
生理・性病・健康
女性の悩み解決


生理痛の症状改善ガイドTOP
●生理痛について
生理とは 生理痛とは 生理痛の原因 生理痛を引起す物質 生理痛の症状を把握しよう 子宮内膜症
●生理痛の種類
機能性月経困難症 器質性月経困難症
●生理の周期
卵胞期 黄体期 月経期
●生理痛に効くツボ
生理痛に効く足のツボ 生理痛に効くお腹のツボ
●生理痛の改善のために
生理中はお風呂でリラックス 生理痛と頭痛 生理痛の食生活 ピルと生理痛 生理痛と鎮静剤
●生理痛と漢方
漢方でいう生理痛の痛み 冷えの生理痛 ストレスの生理痛 過労の生理痛

(c)生理痛の症状改善ガイド
AX